本文へ移動

新人BLOG

今の時代だからこそ、気を付けなければいけないこと。

2022-06-17
気温の変化がしんどい
こんにちは、さっちゃんです。気が付けば既に暦は6月。先月はあれだけ寒かったのに今では室温が26度を超えるようになりました。扇風機も買わないとなあ...
なお、これを書いているときはまた気温が低下している模様。おかしくなりそう。

さて話は変わりますが、皆さんSNSは何をお使いですか?今ではほぼ全ての人が何かしらのSNSを使う時代になりましたね。掲示板やブログ主流の時代から、TwitterやLINEなど手軽に投稿できるものに主流が置き換わり、さらにInstagramやTiktokなどメディア投稿特化のSNSも普及しました。また新たにメタバースという概念が発達し、インターネット上でより人対人の交流がが出来るようになってきていると感じます。
このよう新たな技術がどんどん発展して便利になっていきますが、その中で忘れてはいけない大切なものがあります。それは情報漏洩から身を守ることです。
公共交通機関でスマホを開いてはいませんか?
公共交通機関でスマホを開くことの何が問題なのか?理由は単純です。簡単にのぞき見できるんですね、スマホの画面って。通勤または退勤時間の公共交通機関は人が多く、密度が上がります。そんな時、他人が自分と同じスマホゲームをしていたり、Youtubeを見てるなーってふと考えること、きっと何度かはあると思います。
つまり公共交通機関でスマホを開くのは、無意識のうちに行動をさらけ出すということでもあります。さて本題ですが、これがyoutubeやゲーム、電子書籍の画面であるなら問題ないのです。問題があるのは開いている画面が、SNSやメールの場合です。通勤時間に会社に来たメールを確認することは、一見時間の有効活用に見えて、会社やプライベートな情報を流出させる危険がある行為なんです。残念なことに周りにいる人間が全員悪意を持っていないとは限りません。確認したければ壁を背に、他人から画面を見られないようにおすすめします。
思ったことをすぐSNSに投稿していませんか?
tweet
日頃思ったことをSNSに投稿するのは構いませんが、それにもタイミングがあります。
例としてこのツイート、一見何の問題の無いように見えますが、しかし視点を変えるととても危険な投稿なんです。なぜなのか。

まずタイミングから、これは先ほどの話から続きます。公共交通機関でSNSを投稿することはとても危険な行為です。例として朝の通勤時、何かしらの事故で電車が止まったとします。
その際「○○線、事故で電車止まった。遅刻確定」
と投稿したとします。その投稿する瞬間を悪意を持った人間が見た際、どうするでしょうか?悪意のある人間はその文章を同SNSで検索します。あとはさっき見たアイコンの投稿を探せばOK。俗に言う『アカバレ』が起こります。この状態で過去の投稿や、ストーキングなどで自宅がばれた場合、もうお分かりでしょうか?先ほどの投稿は、投稿から3日間自宅が空になると自分からばらした状態になるんですね。

対処法はあるのか
ここまでで公共の場でSNSを投稿するリスクを書きましたが、じゃあそれに対する対策ってあるのかなと考えました。考えうる限りでは
  1. 公共交通機関ではメールやSNSを開かない(SNSは閲覧のみにして投稿しない)
  2. 投稿はすべて過去形で投稿する
  3. 特定されるような情報を書き込まない
1は上記の理由から、2については時間をずらすことによって特定リスクを減らします。例えば先ほどの投稿も「友達と旅行してきた!楽しかったな~」であればほぼ同じ投稿でありながら特定リスクは減りますよね。もちろん投稿は人のいないところで。3も基本中の基本です、ストーキングは警察に相談するしかありませんが、投稿からの個人情報バレは防ぐことが出来ます。実名使用を避けたり、自撮りなども避けるのが無難。

自分への戒めもかねて今回はこんなことを書きました。便利なものが増える分、様々なリスクを抱えることにもなりますが、こんな感じでリスクや対策を考えて行動したいなとも、改めて考えました。
...アレ?ぜんぜんふざけてな(次回はネタに走ろうと思います)
TOPへ戻る